女性用バイアグラについて|FDSに効果はあるのか?

女性用バイアグラについて

女性用バイアグラについて

「なぜ、女性はしたい気分にならないのか」というテーマでアメリカ人気番組が起こりました。まず、番組の冒頭をご紹介します。

 

「これはすごいことが起こりました。私たちがこのひそかに広がっている病気についてお話した時、視聴者の反応に圧倒され、多くの皆さんから、「性欲を失っているが、番組を見て自分だけではないことがわかった」という手紙がたくさん送られてきました。
今日は、誰にも言えずに苦しんでいる何百万人もの女性たちにようやく答えを提供している画期的な治療法をお伝えします。」

 

番組は夫への性欲の喪失を訴えている20台のアメリカ人女性を大々的に扱っていました。番組関係者のクリニックでこの女性を健康診断と、心理検査に連れていき、FDS、女性性機能障害と診断しました。

 

バイアグラの大型デビューの直後に多くの人たちが、この小さな青い薬は女性にも効くのだろうかとおもったそうです。

 

バイアグア使用者の中年の妻たちが、「私の魔法の薬はどこにあるの?」と今後は効いてくるだろうと、多くの人が予想した。
無数の雑誌が、男性用バイアグラを紹介する話を掲載し、「これは女性にも効くのだろうか?」という問いで締めくくっていた。
こうした関心の渦中で、全国の何百万人もの女性がバイアグラの臨床試験の被験者を買って出た。「性機能障害は男性よりも女性の方が多くみられる」と言う専門機関からの報道で、ファイザーを含む多くの製薬会社が、女性向けの市場で一儲けしようと即座に行動を起こし、新たな研究と臨床試験に乗り出しました。

 

EDの女性版、FDSの急増の段階に入って、バイアグラの登場によって、性機能障害の、そしておそらく異性愛者のカップルのお相手を治療する方法と見つけようとする考えが幕を開け、減税まで続いています。

 

性医学クリニックが、性的不満を抱いている女性患者をどんどん受け入れるようになりました。数々のクリームや器具、ローションなどの商品化が進んでおり、FDA、食品医薬品局の認可を待っている状態です。

 

日本でもラブグラという商品名で、個人輸入が認められているものもあります。

 

性欲強壮剤及びホルモン補充療法の代替え品として販売されている。アブリミルは性欲の若干の減少など、最も軽度の症状に使用可能な、FDS向け市販サプリメントです。

 

FDSと女性用バイアグラ

 

FDSと女性用バイアグラ

 

FDSの出現の経緯をさかのぼると、1999年でした。FDSをテーマとする大規模な会議があり、ED研究家でもある泌尿器科医が運営しました。

 

その医師はバイアグラのデビューころまでに、FDSの区分を商品化においても第一人者であり、男女双方の性機能障害の新たな医療区分に関する広域な研究と執筆を行っていました。

 

アメリカの男女の約半数が器質性の性機能障害を抱えていると主張しました。医師は様々な医学雑誌で、手広く研究結果を発表位していたので、無数のメディアからFDSの権威と名指しされました。

 

それから、多くの医師との交流が深まり、学際集団を招集するようになりました。毎年、ボストンの性機能障害クリニック付近で行われているようです。FDSの最新情報を交換し合いました。

 

 

これらの会議はFDSを理解する鵜で最も重要な会議と位置づけられており、女性の性の問題に対する化学、医学界の考え方をまとめてきました。

 

女性の性欲と性の問題を権威がどのように理解し、この会議での出来事を見れば、いろいろな意味で、女性用バイアグラの探求が依然として混迷しているのもうなずけます。

 

この会議はボストンフォーラムと呼ばれています、毎年の会議プログラムに「女性機能障害の管理における新たな観点」と強調されているのです。副題は「性機能」の何らかの基礎的理解を必要とする市内にかかわらず、会議目標が管理、すなわち治療思考型であることを物語っています。

 

バイアグラの発売後、これらの医師たちは後ろ向きの仕事をしているのです。医師たちは病気の治療を期待しているのです。会議のみならず、研究への助成金の支給に製薬会社が一役買っていることを認めれば、治療思考型の重視は、一層明らかになります。

 

こうした会議の薬学協議事項、すなわち障害に対する薬物療法を見つける必要性が、内科的疾患として女性の問題を構築する動きを当然ながらあおっているのです。